2010年12月31日

「おつきさん、ただいま。」


「ついてこないでぇ」
後ろの席に座っているもうすぐ3歳の『はる』がポツリと言った。
寝てると思っていたが起きていたのか。

『にい』がこれ位の頃にはこんなにしゃべらなかったよなぁ。
やっぱり2番目で、女のこだと口が達者なのだろうか。
普段普通に会話が成り立つのが笑える。

しかしなんだろう。「ついてこないで」って・・・。

今は夜の8時過ぎ。東名高速道を家に向かって走る車の中である。

娘の隣に座っているかみさんがハナシを聞いている。
「だれがついてくるの?」

早くもストーカーか?うちの娘はかわいいからなぁ(爆)などと。
親バカ妄想が激しく駆け巡る。
もしや・・・首無しZ2とか。四つんばいで走る口裂きおんなとか?(古いか)
いやいや怪談話は夏にしてほしいものだ。
というか。そんなのに並走されても困る。
ちょっと気になって窓の外を見てみた。
闇夜にナトリウム系のオレンジっぽい光が射している。

もちろん。



何もいない。


何気なく耳をすまして娘の答えをまった。
・・・。

「おつきさん。おうちかえんなぁ」

一瞬。は?となって。すぐ理解が出来た。
くるまの窓からは丁度満月に近いお月さんが雲の無い晴れた空に見えていたのだ。
むすめは車の窓から見える『おつきさん』にお話ししていたのだった。

車が走っているのにずっとついてくる『おつきさん』に
「ついてこないで」と言っていたのだね。
 (まぁなんてメルヘンなのでしょう(親バカ爆))

「どうしてついてくるのぉ?」とカミさんに聞いている。

かみさんは少し困っているだろうと思った。
多分こっちを見ているだろう視線が後頭部に刺さるのを感じた・・・。
御殿場−大井松田間のカーブの多い区間の運転に集中するため
じっと道路を見つめた。安全第一である(笑)

さて…、答えを求められたら。なんて答えようか。
お月様はずーっと遠くにあるから、自動車が少し走った位じゃ・・・
・・・そんなの三歳前の子供に難しいしなぁ・・・。

・・・。

「『はる』が良い子でいるか見ててくれてるんだよ」・・・これだぁ!!!
このメルヘンクェッションに対する、メルヘンアンサーはこれだ。きまった。

などと頭をめぐらせているうちに、どうやら月は見えなくなってしまったらしい。
お話も違う話に移っている。
残念なような、ほっとしたような…。
複雑な気持ちのうちにコーナー区間も抜けていた。

IMGP0935.jpg


ほどなく家に着いた。
駐車場に車を止め。娘をだっこして玄関に向かう方向に
さっきの『おつきさん』が見えた。

「おつきさん。先回りして帰ってたんだね」とむすめに言った。

「ただいまぁ」と、むすめが「おつきさん」に言った。


「おつきさん、ただいま。」







おつきさんどうしたの (岩波の子どもの本)
まんまるおつきさん
ラベル:子供
posted by 明日はともろー at 01:29| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 子供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ええ話しや…和みますね〜
Posted by きよぞう at 2010年12月31日 13:01
きよぞうさん!!コメントどうもありがとうございます!!
この位(3歳位?)の子供は時として面白い事を言いますね(笑)
心洗われる瞬間でもあるのですが…。
是非又遊びに来て下さ〜い。
Posted by ともろー at 2010年12月31日 22:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
カスタム検索
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。