2010年02月25日

ふきのとうを採りに…川崎へ。

大体この辺(神奈川県)だと1月末位。
唯一、私が判る(食べられる)野草?
これの苦味が良いんだなぁ。


川崎在住時代は、結構お散歩コースなどに生えておったんですが…。

平塚では…見ないんですねぇ。
ひとんちのお庭に生えてるのは見たんですが…
さすがにそれはねぇ。
人として?大人として?

この辺では、農作物の一つなのかもしれませんねぇ。
確かにスーパーで売ってたりしますしね。


と言う事で。(どういう事?)
川崎まで行っちゃいました(爆)
東名乗って(爆2)


IMGP1739b.jpg

≪何か所か有る「なわばり」の一か所の収穫≫


場所は言えません。ね!(へへ)
でも、既に採ったあとが有ったので
知っている人は知っている。と言ったとこでしょうか。


まぁ採るのも楽しいんですが。
食べるのももっと楽しい。

我が家では
「酢味噌和え」が定番。
そして「てんぷら」でしょか。


「酢味噌和え」の作り方
実は知らない(笑)うちのばあちゃんがかみさんに教えたようです。

多分
@ふきのとう茹でる。
A一度お湯を捨ててもう一度茹でる。(吹きこぼすとかいう?)
B細かく刻む
Cお味噌、お酢、砂糖を適量混ぜる。
(んー適量って良い言葉だ)
多分そんな感じかな?
このAのやり方で苦みの調整が出来るとか


これを食べると春を感じますなぁ。
あーなんか目もカユクなってきた(花粉?!)


いっそのこと
お庭に植えてみるか?
何にも世話しなくても生えてくるなら…。
いいかも。


あぁ因みに子供たちは
口に入れた瞬間に「うぇぇえ」って。
子供には判らんわなぁ。


今日はそんなとこす。



ふきのとうと言えば
Guitar songbook ふきのとう全曲集 ふきのとうの作品を全て収録

名前は知ってますが…知らないんです。(案外若いんだ)


こんなのも。
昭和村  ふきのとう佃煮140グラム2個入り

佃煮って。煮るとどんどん小さくなっちゃうと思うので…。
こんだけ作るにはすごい一杯採らなくちゃいけないのでは?


こんな本まででているとは!!
野ブキ・フキノトウ―株増殖法・露地栽培・自生地栽培促成栽培・加工 (新特産シリーズ)
これを読むと佃煮作れるくらいに増やせる?のか?
ラベル:ふきのとう
posted by 明日はともろー at 01:30| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

飛んでけ!!ぼくのヒコウキ。

IMGP1637rb.jpg

≪飛んでけ!!ぼくのヒコウキ(PentaxK200D)≫


先日。とは言っても1月末ですが…。

公民館で
『親子で作るライトプレーン教室』
にお兄ちゃんと参加してきました。


参加費は500円。
(これは後で調べると教材費のみだったんですね)
ハイプレーン


キットの教材なのですが…
先生のアドバイスが無いと簡単には出来なかったかも。
結局おとうが全部作りましたとさ。
おにいがやったのは、主翼に名前を書いた位か?
(随分大きく書いてくれたので↑写真をレタッチするの大変でした)


出来あがったら、裏の田んぼで早速、テスト飛行です。
(田んぼは地主さんに許可を頂いているという事です。念のため)


何か所か調整箇所が有るんですが…。
これが…中々…うまく飛ばない(爆)

そのうち、プロペラのゴム切れるし…。
替えのゴムを先生から頂きました。
『競技用』で元々のゴムと比べるとパワーが違う!!

最終的には先生の指導のもと。随分長い間飛ぶようになりました。


部屋にこもりがちな冬場。外に出て空を見上げるのも気持ちが良いもんですよ。
何処に飛ぶか判らないヒコウキを追いかけて。
適度に体も温まりますし。


IMGP1642b.jpg

≪こんなゲストも登場。冬眠から起こしてしまった?
 手の荒れ具合が冬っぽいかも(PentaxK200D)≫



これです。これ。
↓↓↓



今日はこんなかんじで。

posted by 明日はともろー at 02:46| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

お兄ちゃんの初スキー!!(後編/現地編)

一週間経つのは早いですな。
今年は2回も関東地方に雪の予報が有ったのに…
平塚には雪降りませんなぁ。
(やはり海沿いで暖かいのか?)

『お兄ちゃん初スキー』の後篇でございます。

IMGP0396b.jpg

≪車山高原スキー場にて/PentaxW60≫


装備については前回お話しましたが
今回はスキー場の選択から。

昔だったら、コースが多くて、リフトの搬送能力が高くて、距離が長くて…。
なんてところが選択の基準だったですが…。

今は「子供にやさしいところ」でしょうか?(変わるものです)

○子供向けゲレンデが有る(歩く歩道が有ると尚○)
○スキー雪遊びに飽きても遊べる暖かい室内が有る。
(キッズルームなど)
○子供はリフト券無料などの特典。
そんなとこでしょうか。


今回行ったのは白樺湖周辺。

1日目)車山高原スキー場
この近辺では一番メジャーどころですね。
スキーブームの頃は混んでる事で有名?近づきもしなかったんですが。
今は…随分すっきりしてますね。

IMGP0395b.jpg

≪金曜日の昼前位の図/PentaxW60≫


さっそく息子のスキー指導ですが…スクールに入れました(爆)
大体おとうの言う事聞かないだろうし。
おとうは言う事聞かないと怒りたくなるの予想できますしね。
それ以前におとうに教えられるスキルはございませんし。

金曜日で平日と言う事もあって、先生一人、生徒一人の個別指導でした!
(普段は3人以内のグループ指導だそうです)
時間は2時間。ずっとそばから親が見てるのも…先生もやりづらいでしょうし。
しょうがないのでお父さんはちょっくら↑行ってきますか(笑)

IMGP0411b.jpg

≪いやぁ頂上は強風。寒かったぁ!グラブを外してカメラを…て、手がぁ!!/PentaxW60≫



2時間後帰ってきてみれば…「おぉボーゲン出来てるじゃん」
ななんと、リフトにも乗ったとの事。ちょっとびっくりでした。

先生に聞いた教え方のコツは
「この位の子供は体力が無いので疲れさせない事。」だそうです。
 疲れてくると→集中力が無くなる→滑るのがイヤ〜。となるので
 ちょっと過保護かもしれないが、転んだら、起こしてやる。
 斜面は登らせない。押してやる。引っぱってやる。だそうです。

IMGP0394b.jpg

≪ずっとこの柵の中だけでやると思ってました。まさかリフトに乗るとはねぇ/PentaxW60≫



かみさんと、いもうとは…。
ちょうど、スクールゲレンデの前にキッズルームのある建屋が有ります。
2階でしかもサンルーム的なガラス張りなのでお兄ちゃんの様子が良く見えたようです。


2日目)白樺国際スキー場
ここは今回初めて行きました。結構奥の方なので、今年5年目のスタッドレスには心配だったんですけど…なんとかイケましたね。

斜面向かって右側にお子様ゲレンデが有り「動く歩道」装備です。
昨日の復習を兼ねて滑らせてみました。
まぁ止まり方は判っただろうけど、曲がり方はまだ…曲がれるんだぁ!!
しっかり昨日習ってたみたいですね。
「どうやって曲がるって先生に教わった?」って聞いてみました。
「びゅぅぅんんってまがんの」だそうです。
 …まぁ曲がれりゃぁいいんですが(笑)

ここのスキー場はゴンドラ一本で頂上まで行けます。
スキー二日目の彼にはどうかと思いましたが乗せちゃいました(爆)
(リフトより楽そうですし)
途中の中級斜面はお父さんの脚の間に入れてましたが
それ以外は何とか降りてこれちゃいました。(それ位ゆるめだと言う事です)

かみさんと、いもうとは…。
麓には靴を脱いで上がれる休憩所が有り。こちらでゆっくりです。

IMGP0458b.jpg

≪白樺国際のキッズコーナーにて。この山にトンネルを作ってかまくらにするそうです(無理!)
/PentaxW60≫


お兄ちゃんの感想は「楽しかった」だそうです(父嬉)
今年中にもう一回位行きたいかな。

昔はスキー場への行き帰りなんて苦にもならなかったですが…。
(八方尾根へ日帰りとか平気だったんですが…)

近頃は相模湖ICまででも…辛い。
早く圏央道つながらないかしら…なんて。

そんな感じなんで。
次回は
天神山かYeti。(東名高速から行けるとこで)
もちろん日帰りで…。(お金が…)

ところで「カムイ御坂」ってどうなんだろう?


今日も取りとめなく
こんなとこで。


「カムイ御坂」からF1の小林可夢偉絡みに持っていこうかと…見せかけて。
ゴセイジャー!!
すげーなぁ。今週始まったのに。もうおもちゃ出てんだ。

天装戦隊ゴセイジャー ゴセイヘッダーシリーズ 天装合体 DXゴセイグレート



posted by 明日はともろー at 00:56| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
カスタム検索
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。